援助交際は主役は?

エッチ目的の若い女子と出会える無料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

LOVE

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援交サイトとして好まれている

満足度

98

愛カツ

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

満足度

96

FirstMail

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

満足度

94

即会い出来る有料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

PCMAX

  • セックスOKの若い女性に人気!
  • 即会い希望女子多いからアプローチ成功でSEX期待大!
  • すぐに支援できる人は有利
  • 有料ポイント制

満足度

97

援助交際の主役は誰でしょうか?女子高生?と思うかもしれません。確かに選択権は女性側にありますので、男性の方がお金を払う客とはいえ
立場が低いように感じます。しかしやっぱり援助交際の主役は女子高生ではなくお金なのです。
なぜならお金がなくては援助交際は成立しないですよね。いくら女子高生がセックスなんてたいした事ないと考えていたとしても
お金をもらわずにオジサンとセックスしたいという女性はいないでしょう。それならいくらならオジサンとセックス出来るのか?というと
時給に換算すると1万5千円以上ならセックスしてもいいというボーダーラインになりそうです。

そのため援助交際の相場は1.5万円~3万円にプラスホテル代という形になります。
バブルの時代ならその金額も負担ではありませんでしたが、不景気の今この金額を援助交際を払うのは大変だ・・・・という男性も少なくないでしょう。
それでも少ないお小遣いをやりくりしながらでも援助交際をするという人は多いのです。

普段の自分ではセックス出来ないような若くて可愛い女の子とセックスが出来るという魅力にはあがなえないのでしょう。
女性側も同じく不景気のため割のいいアルバイトが激減しましたよね。そこで援助交際で稼ごうという人もいるでしょう。

援助交際をする人は口をそろえてこう言います「セックスなんて減るものじゃないし、自分の身体で稼ぐ事の何が悪いの?」
そんな問いにあなたは何と答えますか?

そうなる場合もあります。

お金でセックスを売り買いする援助交際に対して抵抗を感じないという人が増えてきました。ネットで簡単に出会えるという点も
援助交際の人口の増加に一役かっているのでしょう。援助交際をする2人が納得をしているんだからいいじゃいかと思うかもしれませんが、
援助交際は売春です。つまり援助交際自体してはいけない行為なのです。さらに言えば相手が18歳未満の少女の場合はさらに罪が
重たくなってしまいます。たまに新聞やニュースで援助交際で捕まった人が実名で報道されていますよね。

援助交際で捕まった・・・・となると社会的地位はもちろん、家庭崩壊し、仕事はなくなるし、慰謝料などでお金もなくなるしと
たった一回のセックスで得られるものと失うものの大きさを比較してみたらどう思いますか?
出会い系サイトで知り合った相手とラブホテルに行くだけだから、見つかるわけないと思うかもしれません。

しかし、援助交際で捕まって報道された人達もみんな思っていたはずです
「援助交際で捕まるわけない」と。それに少女自身がセックスした後に18歳未満だといい、警察に言われたくなけえばお金を払えと
恐喝するケースも少なくないようです。
自分の身体を売る事も平気なら、大人相手に平然と恐喝をする・・・・というのもかなりしたたかで驚きますね。
なので、援助交際をする時は18歳以上の相手にしましょう。そして援助交際よりは風俗の方がよっぽど安心なので、
セックスをしたいだけなら風俗に行く事をオススメします。

先生と生徒 そんな教室あり?

アダルトビデオさながらのシチュエーションですが、意外にも多いのが教師と生徒というセフレ関係です。
往々にして、男性教師と女生徒というパターンが一般的ですね。
ただ、この場合、関係が露見したときの、社会的批判は尋常ではないわけです。
聖職と呼ばれる教育者が、未成年者と肉体関係になるなど許されず、さらに教師が不倫だった場合、非常にスキャンダラスな話題になってしまうわけです。
そのとき、女生徒は被害者ということになります。
しかし、援助交際をしている女性の多くが女子高生という実態もあります。
つまり、たかが男性教師ひとりを誘惑することぐらい朝飯前という女生徒は少なくありません。
したがって、実のところ、教師と生徒のセフレ関係を誘発したのは紛れもない女生徒で、教師のほうが被害者という驚くべきことになるのです。
また、逆に、教師から生徒にモーションをかける場合があります。その場合、教師という立場を利用して女生徒をセフレにしてしまうわけですが、そうなると、女生徒が被害者となります。
ごくまれに、女教師と男子生徒のセフレ関係があります。
「いい年して・・・」と言いたくなるのは双方にですが、学校内ではなかなかそのあたりの線引きが難しいようです。
あと、教師同士のセフレ関係、これは今さら言うことでもないというほど、盛んに行われています。
教育者って素敵ですね!


援交そして出会い系から神待ちへ


時代の流れにそって様々に形を変えてきたのが売春です。現在では援助交際ですね。
携帯電話とインターネットの普及により中高生から大人の女性まで不特定多数の男性と簡単に出会えるようになりました。
以前は口コミでしか援助交際の相手をみつけることが出来なかったため、相手を選ぶなんてことはあまり出来ませんでしたが、出会い系サイトを利用すれば、女性はいくらでも相手をみつけることが出来るのです。
しかも、自分の出した条件に沿う男性を。
女性としては出会い系サイトに登録すれば、無料で探せますし、マスコミに取り上げられたことによって、男性会員も爆発的に増えて、援助の金額等の金銭面などでも選びたい放題になったのです。

もちろん出会い系サイトを利用している女性はすべてが援助交際を希望しているわけではありません。
一般の素人女性もいます。
そのような女性はじっくりと時間をかけて相手を決めるのでしょうが、援助交際希望の女性はそんな手間なことはしません。
基本的にはすぐにみつけてすぐにアポを取ってすぐに会うというスタンスです。
短期間でどんどん相手をみつけるといった感じですね。

女性にとっても男性にとっても出会い系サイトはそういった意味で良い場所だったのですが、だいたい儲かりそうなところには必ずプロが目をつけてきます。
素人女性を装って、風俗店の女性が客取りのために出会い系サイトに入り込んできたのです。
こうなってしまったら、誰がプロで誰が素人なのか、その中で本当に援助交際を希望しているのかどうかなど見極めるのが困難になってきました。
さらに、出会い系サイトでの事件が頻発し報道されることによって、女性に不安感が生まれてきたということもあります。
出会い系サイトの難点なところは、実際に会ってみないと相手がどのような人物か分からないという点ですね。
実際の店舗で出会うこととの最大の違いです。

出会い系サイトでの犯罪や援助交際が取りざたされたことによって規制が強化されました。
18歳未満の利用が禁止され、中高生たちは出会い系サイトから規制のない神待ちサイトの利用を余儀なくされます。
神待ちサイトは、家出少女がその日の食事と宿を提供してくれる神を探すサイトのはずですが、そこで援助交際の相手を探している子もいるのが現状です。
しかし実際には未成年はそんなに多くないのですよ。
男性はその方が惹かれるようですけどね。

援交との違い

神待ちって知っていますか?
もし、あなたが家出中の女の子で、お金や居場所に困っているならば、あなたの強い味方「神待ち」にすがってみてください。
きっと助けてくれる男性に出会えるハズ!

まずは神待ちサイトに登録して、掲示板に書き込みましょう!
それから男性からの連絡を待ちます。
あとはエッチしたり、遊んだり、お金くれたり…

「これって援助交際と何がちがうの?」
確かにエッチしてお金をもらうだけならば援助交際なわけですが、決定的に違うこともあるんです。
それは、男性の「助けたい」という優しい気持ちです。

もちろん男性たちはエッチは大好きで、やりたいと思ってはいます。
でも、この「助けたい」っていう優しさの方がずっと大きいんです。
だから、例えエッチを伴ったとしても、相手が優しい可能性は高いので、安心して利用できますよ!

神待ちは、だから援助交際の一種であるという部分もありますが、女の子には断然優しい援交なんです。
しかも、中にはデートや食事、お話をするだけ、カラオケを一緒にするだけでもOKな男性もいるのです。
これならば家出中のあなたが利用しない手はありませんよね!?

「誰かの役に立ちたい」って気持ちは援助する本人を元気づけてくれるもの。
これには他の動物にはない、人間らしい愛情「慈愛」を感じます。
そんな心やさしい男性たちにぜひ助けてもらいましょう。

サイトは色々と種類があります。
あなたの目的に合わせて選んでね!
家出して困ったらまず「神待ち」へGO!

援助交際はやめておこう

世間的に出会い系サイトを問題視する一番の理由は、援助交際の舞台として利用されていることにあるのだろうと思います。
ご存知かとは思いますが、援助交際というのは=売春のことです。売春は違法行為です。売る側も買った側も罰せられます。
それが分かっているのに、援助交際があとをたたないのは、ひとえに男の本能ゆえとしかいいようがありません。

どうせセックスをするなら、若い女性としたい!それは分かります。
ですが、先に書きましたように、援助交際は売春であり、売った側も買った側も罰せられます。そのことは頭に入れておかなければいけません。
それでは、お金のやりとりがなければ、出会い系サイトで知り合った女性とセックスするのに問題がないかと言うと、
まるっきりないわけではありません。
青少年保護法もしくは青少年保護条例をご存知でしょうか。この名称ではピンとこないかもしれませんね。
この法律は都道府県・市町村単位で制定されているものですが、18歳未満の子供とセックスをするとこの法律で罰せられることになります。
地域によっては、18歳未満の子供を連れて歩いているだけでも、何らかの罰があるところもあります。
さらには、18歳未満の子供が年齢を偽っていたとしても罰せられますので、それを逆手にとって金銭を要求する子供や、子供を使った組織も存在します。
いくら若い子がいい!と言っても、こんなトラブルに巻き込まれたくありませんよね。逮捕なんてことにもなれば、それまで築き上げた全てを失うことになりかねません。
ですので、「若いな」と思ったら、早々に退散するのが賢明です。

援助交際は逮捕される?

援助交際は法律に触れる行為ですから、体の提供に対して金品を払う現場を取り押さえられると、逮捕されることになります。よくある援助交際の逮捕劇では、相手の女性が未成年で、たまたまその子が補導された場合、男性の連絡先がばれてしまい、また、その子も援助交際の事実を認めて、男性が逮捕されるというパターンです。全国ニュースでも取り上げられる事案ですから、住所、年齢、職業が全て公になるということになります。中でも教諭による援助交際が1年に数件取り上げられることから、援助交際は全国あちこちで繰り広げられていることが改めて知ることができます。援助交際で逮捕された場合、当然懲戒免職、だいたいは離婚や離縁、地位も名誉も全て失う事態になることは目に見えています。相手の女性が成人している場合は、あまりニュースになることは少ないです。ですから、相手が未成年とわかったときには、後悔しきりと言ったところでしょう。ところが、援助交際と言えば、普段お目にかかれない10代の女の子が相手というケースが非常に多いのも現状です。また、男性もそれを求めていますから、需要と供給のバランスからいっても、援助交際=未成年とやれるということになり、最悪の場合は逮捕、全てのものを失うという図式が成り立ちます。でも、ここ日本においての援助交際というのは、アンダーグラウンド化していますから、逮捕されてしまう奴というのは、端から見ると間抜けという位置づけにもなっています。

援助交際をして何が悪い? 悪いことではないですが

今年、成人式を迎えたSさんは、過去に援助交際をしていました。
きっかけは、友人から「儲かるアルバイトがあるよ」と誘われたのが最初でした。もともと援助交際に関する知識は雑誌などで見たこともあり、当然どんな事をしてお金をもらうのかもわかっていました。処女でもないし、さほど抵抗も感じないまま始めたそうです。
友人に都合の良い日を伝えると、すぐに相手が見つかりました。
所定の場所に行くと、目印を持った中年男性がやってきました。初めての相手は40代の会社員で、援助交際にも慣れた感じの人でした。
すぐにホテルに行き、セックスをしました。セックス自体は普通で、帰りに封筒に入れたお金を受け取って、それで終わり。当然、待ち合わせ場所のお茶代もホテル代も男性が払いました。
たったこれだけ、ほんの2~3時間で数万円を手にしたSさんは、この後も自分の都合の良い時間だけ男性と援助交際をして、かなりのお金を稼いだそうです。
20歳になった今、Sさんは援助交際はしていません。理由はただ単に、お金に不自由していないからだそうです。
しかし、援助交際に対して悪い事をしている意識もありませんし、している間に危険を感じるような事もなかったので、またお金に困ればいつでも出来ると言っています。
ただ、すでに20歳を超えてしまったSさんの不安は、援助交際してくれる相手が見つからないのではないか?ということだそうです。

援助交際を巡る事件

援助交際をすると、男性も女性も逮捕されます。ほとんどの場合、男性は成人、女性は女子高生というパターンです。
そのようなケースでは、成人である男性は住所や氏名、職業などが公にさらされますが、未成年の女性に関しては一切公表されることはありません。ニュースで報道される際にも、男性は身元を明かされますが、女性はAなどと仮名で記され、いかがわしい行為をしたと書かれるでしょう。
つまり、逮捕されたとしても、女の子は補導、ひどい場合で少年院送りという位です。しかし、男性の方は社会的な信用を無くし、家族にも恥をかかせ多大な迷惑をかけることになります。男性は一生その罪がついて回ることになりますが、彼女たちは、特に社会的な制裁を受けることはありませんから、何事もなかったように普段通りの生活に戻ることが出来るのです。
援助交際は関わった両者共に犯罪者ですが、社会的には男性は加害者であり、女性は被害者という位置づけになります。逮捕された男性としては納得いかないでしょうが、これが現実なのです。
特に苦労することなく普段通りの生活に戻れる彼女たちに、罪の意識はありませんし、「ちょっと、しくじっちゃった…」くらいの軽い気持ちで、同じ事を繰り返すでしょう。しかし、男性の方は、未成年に手を出した情けない男として、職も家族も失ってしまう。
ここで、もう一度援助交際に関して考えてみましょう。本当にそんな危険を冒してでも若い女の子とセックスがしたいですか?

携帯電話の普及が援助交際を盛んにする?

本当なのです。ケータイやスマートフォンが登場し広まっていったことで世の中はとても連絡や待ち合わせ等が楽になりました。待ち合わせでどこにいるか分からなくて時間がかかってしまったりすることは無くなり、友達とも気軽にメールをしたり通話をしたりと更なる親睦を深めれるようにもなりました。昔は携帯電話というのは大人が持つもので子供が持つものではありませんでした。それが大学生が持ち出し高校生が持ち出し中学生が持ち出し、今や小学生も防犯目的で持っていることが多いです。家の電話で親に聞かれないか不安がったり親に電話の内容を聞かれること無く自分の部屋でプライベートな通話を堂々とできるというのは思春期の少年少女達にとっては無くてはならないアイテムとなりました。子供によっては親におねだりして2台持ちをしている子供もいるくらい子供達の間で携帯電話は広がっています。このような状況下で援助交際のあり方もずいぶんと変わってきたようです。法律的にいけない援助交際なのですが携帯電話を使うことでより匿名性が高くなり、法律の目を掻い潜って援助交際をしたりしているようです。メールのやり取りは暗号化されてぱっと見た限りでは援助交際目的のメールかどうかというのが分からないほどです。ケータイサイトとしても援助交際を目的とする男女が集まるものがたくさん出てきています。全国から自分の希望の年齢や地域などを検索できますし大体の援助交際のサイトには顔写真が見れるサービスがあるので事前に相手の顔を見ておくことなんかもできます。援助交際を主として行っているのは高校生の女子が多いそうです。ですが未成年ですから決して援助交際してはいけない存在なのです。高校生というのはやはりお小遣いで生活をやりくりしていてお金に困っている例が多いようです。援助交際サイトに高校生が複数いるというのは納得ができますよね。しかしながら警察がこういうケータイサイトに目を配らせているのでちょっかいを出すと捕まってしまう恐れがありますから注意が必要なのです。

正直言ってお金です

皆さん、援助交際のメインとも言える主役は、何だと思われますか? 女の子、という人は結構多いのではないでしょうか。ですが、それは間違いです。では主役は何か。はっきり言ってしまって、お金です。男性は高いリスクとお金を支払うことで、女性とのイイ思いをします。そして、お金をそれだけ払っているんだから好きにしていいだろう、という安心感も得ることが出来ます。もちろん、大きな犠牲です。そこまでして、イイ思いがしたいの? と疑問に思われるかも知れません。でも払う側からすれば、それだけの価値があると感じるのです。さて、女性側から見てみると、好きでも無い見ず知らずの相手に、好き放題されるわけです。それぐらいの報酬は貰って当然、という気持ちがあるでしょう。援助交際はお金ありきのシステムです。逆に言うなら、お金が無ければ破たんするでしょう。欲望とお金が複雑に絡まり合うことで、初めて成立するのです。お互い、援助交際を始めてから終わるまでの数時間は、ずっとお金のことを考えることになるでしょう。男性からすれば高いお金を払うことになるわけですから、気が気じゃありません。だいたい必要になるお金の相場は、ホテル代など込みで、3~4万円くらいといったところ。そんなに!? と思う人もいるかも知れませんね。でも、それだけのお金を払ってまで、援助交際をしたがる男性がいるのです。女性からすると、アルバイトに換算して、だいたい時給1万5000円以上にもなるわけです。そんな破格のアルバイトはまず他に存在しないでしょう。ですが、それが女性から見た援助交際の魅力なのです。逆にこれ以上下がるようなら、自ら体を売るような女性はいないでしょう。周りからは理解出来ない価値観かもしれません。ですが、確かにニーズは存在するのです。そして援助交際をする女性は、周りに何を言われても「自分の体なんだから好きにさせてよ」と言うのです。

自給の違いがやめられない理由

援助交際をする上で必要なものはお金です。援助交際はお金がないと成立しない行為なのです。それはそうですよね。フケ専でもないかぎり
10代の少女が好き好んで40代のおじさんとセックスしようとは思わないでしょう。セックスする理由はただ1つお金のためです。
若い少女はオシャレに興味があるので、化粧品や洋服などほしい物がたくさんあります。しかし、自分でバイトでお金を稼ごうと思えば
高校生のバイトは時給800円ぐらいですから欲しいものを買おうと思ったらたくさん働かないといけません。

しかし、オシャレをするのは遊びに行くためですよね。アルバイトをたくさんしていたら遊ぶことが出来ないので本末転倒です。
ではどうするのかというと、もっと簡単にお金を稼ぐ方法が若い少女にはあるのです。
おじさんとセックスをすれば1時間で3万円稼ぐ事が出来る。時給3万円となると、別にセックスしても構わないと
考える少女は今とてもたくさんいます。ジェネレーションギャップといってしまえばそれまでですが
どこまで理解して援助交際しているのだろう?と疑問に思いますね。別にセックスしても減るものじゃないし・・・・・と思うかもしれません。
若い身体のうちは見られても平気だと思うのかもしれません。しかし、実はとてもリスクが高いことをしていると、援助交際をしている少女
本人達は知っているのでしょうか?セックスをして妊娠してしまうかもしれません。中絶してもそれが原因で子供が生めない身体に
なるかもしれません。それに不特定多数の人とセックスしていると性病にかかるリスクも高くなります。
治る病気ならまだマシですが、エイズなどその人の一生を左右する病気になったらどうしますか?そう考えると怖いですよね

サブコンテンツ

このページの先頭へ